炭水化物抜きのダイエットよりも確実に

体重が増えてきたり、今まで着られていた洋服が入らないとなったら、おそらく誰もがダイエットを決意すると思われます。
そのときに採る手段としてもっとも多いのが、炭水化物をやめる、すなわちごはんやパン、うどんなどの麺類をとらないようにする方法ではないでしょうか。
それに併せて低カロリーの野菜サラダやこんにゃく、キノコ類などだけを食べる食事メニューに替えようとする人も多いでしょう。
確かにこのような食事メニューにすれば摂取カロリーは大幅に減りますが、その分我慢しなければならないことも増えて、イライラしがちになります。
その結果、イライラと欲求不満がピークに達し、ついに我慢しきれなくなってごはんをドカ食いしてリバウンドということも、お決まりのパターンです。
それを考えると、もともと炭水化物を完全に締め出してしまうダイエット方法はとらない方がよいということになります。
ではどうするかというと、量を減らすのです。
今まで茶碗に山盛りのごはんを食べていたなら、それをすりきり一杯に抑えるだけでも摂取カロリーは確実に抑えられます。
すり切り一杯にすることで減ってしまったと悲しくなるほどのごはん好きなら、お茶碗を小さめのものに替えるのが効果的です。
これなら大目によそっても今までのすりきりと同程度の量になり、けれども見た目はお茶碗に山盛り食べられているので満足するという、脳の錯覚を利用することができます。
こうして徐々に摂取カロリーを控えることが、炭水化物を摂りながらのダイエットには不可欠です。